検定の隠れた評価

Posted on

hidden_evaluation_of_the_test

ベリメリレッスン生の皆様、こんにちは~。
名古屋校チーフのアオイです。

陽気の良い日も増えてきましたね。
名古屋校の前の矢場公園でもベンチでお弁当を食べたり、語らったりの人達が増えてきました。

さて今年も春のベリメリ検定、
名古屋校では参加者全員のレコーディングも終わり
生徒の皆様にはその結果をお待ちいただくというタイミングとなっています。

日頃の成果を出そうとする皆さんの真剣さ、録音後の満足不満足など
皆さんの音楽へ向き合う顔がまた見れたのがとにかく嬉しかったです。

検定では点数として出されてくる幾つかの項目と、
そのテイクに対するコメントとが審査結果として返却されます。

点数は分かり易いのでその上下に皆さん毎回一喜一憂してくださってます。
選ぶ曲によっては同じ人でも前回までと全然違った点数になり得ることもありますので、
「自分に向いている曲調」や「自分の得意とする技術がどんなジャンルで発揮されやすいか」
などが分かり易いと思います。

コメントは良かったと思えるところ、改善して欲しいと思えるところなど、
その方だけのより細かな指摘や提案が記されますので半年後の検定に向けたレッスンの指針になります。

僕なんかは生徒さんと改めて戦の狼煙を上げるようなそんな材料にしています。
そんな中、僕には実はもう一つ検定結果として気にしているものがあります。

「おすすめ生徒さん」と言うものがありまして、
これは点数などは関係なく各校気になった生徒さんをチーフ陣で情報交換するものです。

生徒さんにとっては過去にそのおすすめ生徒さんに名前が挙がっていた方は
担当の先生から知らされたこともあるかも知れませんが、
そんな事があることさえ知らない方がほとんどではないでしょうかね。

検定というものは性質上審査対象が歌唱力に特化されています。
コピー曲でもオリジナル曲でもその違いはほとんど関係しない感じです。

比べておすすめ生徒さんは秀でた歌唱力の方にも勿論ですが、極端に言いますと歌唱力はどうであれ、
チーフ陣の誰かが気になった声質やキャラクター、作曲力や心打たれた作詞の一文、
コピー曲でもアプローチが面白いなどが有れば選ばれます。

こう書きますとキワモノや何か一つだけ飛び抜けている人の特別賞的に聞こえますが、
いつも不思議な現象が起きます。

いつもどのチーフも大体同じ人が気になっています。

名古屋校でも全チーフからおすすめを貰っている生徒さんが多いです。
勿論このチーフだけこの子を選んでくれた!なんて事もありますが、
その後その生徒さんは他のチーフからも評価を集めるくらい成長していってくれる事が多いです。

そしてそしてベリーメリーではプロへの一番の登竜門のベリオーで代表者に選ばれる方は
必ずおすすめ生徒に名前が挙がったことのある方です。
僕の知る限りそうです。

チーフ陣は皆んなプロの世界やそんじょそこらの活動ではない経験を潜って来たメンツです。
そんな経験の中「何が大事か?」を分かっているし、共通するところがあるんでしょうね。
だからプロを目指すベリオーとおすすめ生徒さんでは似た評価になるのだと思います。

そんな訳で点数やコメントと同じくらい、
いや個人的にはそれが一番待ち遠しい成績だったりしています。
半年間歌唱技術だけを鍛える生徒さんも多いですが、人の心を打ちたいとか、
人気が出るようになりたいとか、性格、キャラさえ変えたいと思い挑み続けている方も多いです。

数字だけじゃ出せないものが、
このおすすめ生徒さんには詰まっていると僕は大事に考えています。

別にプロの世界を目指していない方でも選ばれたなら、
非凡でないものや何か人を魅了できるものを持っているんだと思ってもらえたら
また自分の中での音楽のあり方が変わってくると思います。

プロの世界を目指している方は逆に、
歌唱力に自信があってもこれに選ばれていないのなら何か方向性を見直す機会になるかもわかりません。

そんな「おすすめ生徒さん」。
名前が挙がれば先生より教えて貰えると思いますので気にしてみてください!


7

この記事を書いた人