top_r1_c1top_r1_c3top_r1_c5top_r1_c8top_r1_c10top_r1_c13
≫ 電話によるお申込みはこちら ≪

2016年!春!ベリメリ検定!


検定お疲れ様でした!!
今回数十名の方を録音させていただきました。
高田馬場校&八王子校の森道太郎です。
初めて声模様書かせて頂いております。
初めてですが、二回目のつもりで書いております。どうだい?

録音させて頂いて、皆さんの歌に対する熱い想いが伝わってきて、
ブース越しに感動致しました。レッスンでは発声等を考えて歌っていると思いますが、
本番ともなると、発声よりやはりハートだなぁと感心していました。音楽は魂から。

2016_0530_01

 

 

 

 

 

 

↑感動している様子

検定を受けた皆様、御自身の歌、いかがでしたでしょうか。
最初のうちは、録音した自分の声を聴くだけで、具合が悪くなると思います。
これは全ての講師、チーフも乗り越えてきたことです。

「何だこの声は!?誰だ!?」

そうした中で、次第にこの声が自分の声だと認識してくる訳です。
まさに自我が芽生えた瞬間、文明の始まりです。
自分が出してると思ってる声が、他人には違う声に聴こえていると言う訳です。
このことから、LIVE等で自分が気持ちよく歌っているだけでは、観客には届かないのです。
なぜなら、自分の聴こえている自分の声と、観客が聴こえているあなたの声が違うからです。

2016_0530_02

 

 

 

 

 

 

↑具合が悪い様子

しかし、いつまでも自分の声で緊急停止ボタンを押していては、
テレビに出ている歌手なんか入院しているはずです。
なぜ入院していないかというと、慣れです。良く言えば、経験です。
なんどもなんども自分の声を聴いていると、だんだんその声と自分の声が一致してくるのです。
慣れです。そうなってしまえば自分の声=観客に届いてる声になってくるのです。
経験です。検定の録音CDを多くの方は鳥除けにしてしまいますが、
たくさん聴くことは、明日への近道であるかもしれません。
経験というのはとても大事なことです。

 

「プロとは、経験である。」

 

この言葉は私が二十歳の時、隣で飲んでいたサラリーマンの言葉です。
実力があっても、学歴が良くても、経験がなければプロになれない、
そう断言しておりました。
今回検定で一本目、二本目、と歌って、多くの方が、一本目は緊張してて、
二本目は割とリラックスして歌えたのではないでしょうか。
一本目を歌ったという経験によって、二本目がリラックスできたのです。
リラックスしすぎて雑になってる方も多々、嗚呼。。。なので、三本目があったならば、
リラックス且つしっかりした歌が歌えたかも知れません。

やはり経験というのは大事な訳です。というわけで、
私が冒頭で書いた「二回目のつもりで」というのはまんざら(MANZARA)ではないのです。
検定の一本目から「二本目のつもりで」歌えば良いのです。そして二本目がさらに良くなるのです。

いつも一つ先を歩んでいきましょう。
最高のミュージシャンになるために!


0
  • この記事を読んだ後に見ている記事は?

    ボーカルスクール&ボイストレーニング
    VERY MERRY MUSIC SCHOOL

    ■レッスンのご予約・変更は・・・
    ℡:03-5358-5025(代々木校)
    ℡:03-5338-7788(高田馬場校)
    ℡:042-620-5649(八王子校)
    ℡:045-317-4587(横浜校)
    ℡:052-238-4758(名古屋校)
    ℡:075-353-5108(京都校)

    ≫ 無料体験レッスン受付中

    VMMSコンピレーション・アルバム『E-Vo VOICE 3』音楽配信情報♪

    右クリックはご遠慮ください。