カリキュラム8とは?

カリキュラム8とは、様々な課題を克服するために正しい体の使い方や、しっかりした発声の基礎を学ぶ、丁寧な基礎力を身につけるための基礎カリキュラムです。

カリキュラム8メニュー1

ボイスカウンセリング

人の声は十人十色です。それぞれの声質、音域、リズム感、音楽に対する姿勢を、指導する側が把握していないとスムーズなレッスンは行えません。最初に歌唱、発声してもらい細かくチェックし、上達への最短距離を探します。

カリキュラム8メニュー2

呼吸法

ボイストレーニングには切っても切れない、呼吸法。
腹式呼吸を中心に、正しい姿勢から息の入れ方、出し方を個々にあった方法で説明、指導していきます。

カリキュラム8メニュー3

発声

息の入れ方、出し方を学んだら、それに声を乗せて行きます。
初心者の方に多い、喉声の治し方だったり、ファルセット(裏声)含む声の出し方を学びます。

カリキュラム8メニュー4

発音

言葉をしっかりリスナーに届けるためには、正しい発音で歌う必要があります。言葉によって響き方が変わらないように、しっかり心が届く様に独自の方法を使って学んでいきます。

カリキュラム8メニュー5

音程

歌っていて一番気になるのが音程でしょう。ただ世の中に、本当に音痴な人は殆どいません。大体の方が自己判断で音痴と思いこんだり、人から言われてそういう気持ちになっているだけです。メンタル面から、音の捉え方まで、独自の方法で学んでいきます。

カリキュラム8メニュー6

リズム

これも歌を歌うのには大切なものです。
音程よりも重要かもしれません。実際に踊ったりする事はありませんが、リズムの捉え方、感じ方にはコツがあるのです。

カリキュラム8メニュー7

抑揚表現

聴いてる人に感動してもらいたい!そんな思いも歌っているとあるでしょう。その何かを伝える為、歌い回し、フレーズの置き方、表情、届ける!!という事に重点をおいたレッスンです。

カリキュラム8メニュー8

トータルチェック

全ての項目の総復習として、さらにそれらを実践的に活用した練習です。カリキュラム8の最終チェックでもあります。音域も声量も格段に変わっている事に気付くでしょう!引き続きチーフと相談しながら次の(流れ)カリキュラムを作っていきます。