【高田馬場校】コラム「NO MUSIC NO LIFE」

Posted on

こんにちはエブリバディ
高田馬場校、講師の前島です。

日々「音楽とは」?そんなことばかり考えながら、こたえを探しながら過ごしております。

ただみなさんと同じように、音楽でハッピーになったりナイーブになったり、また音楽で救われたり、音楽がなにか生活の一部になってる感じは同じでね。

たまに大事な話のときはいらない!!って思うときもあるでしょう?!

NO MUSIC NO LIFE いうならばこんな感じでしょうか。

好きな音楽は人それぞれで、ジャンルだったり、カラーも空気感も違うんだと思うけど、ピピッとくるものは、少なからず、何か自分にないものや、近しいなにかが無意識に共感、共鳴してる所が大きいと思うんです。

それが「魂」とか「言霊」とか「ソウル」と呼ばれるものではないかと。

絵描きも、小説家も、脚本かも、料理人も、お笑い芸人もすべての表現者の伝えたいと思うそのソウルは同じで、ただそれが音楽というツールだっただけということ。

伝えるという意味では、皆同じスタンスなのではないかと思うのです。

歌うとは「メロディ」があってそこに「言葉」をのっける。そしてそれを「聴く人」がいる。シンプルにただそれだけ。

歌にはテクニックやスキルのようなものもあるけど、きっとどう歌いたいか、どう伝えたいかが一番大事なんじゃないかなと・・

そしてそんな感情や色や匂いを、歌うツールがコントロールして形づけていくのではないかと思っています。

だからこそそんな伝えるという音楽というものを、なにか僕らの知っていることでみなさんの表現というもののお手伝いができたらと思っています。

楽しいと思うこともきっとそんな感情があってのことだとそう思うんだよね。

より伝える感情の音楽を歌いましょう。

そしてそんな音楽を短い人生の中でたくさん探し、聴いていきたいなと思っています。

講師陣、受付スタッフ共々、あなたとお会いするのをとても楽しみにしています。

では、体験レッスンでお会いしましょう!