歌・楽器もレッスン中
長久保篤さん

Posted on

「歌をちゃんと習いたい」歌うことが楽しくなった長久保さんのインタビューです。

ボイトレを始めたキッカケ

中学くらいから歌うのが好きで、社会人になって収入が落ち着いたころに、せっかくなら歌もちゃんと習ってみたいなと思って通い始めました。

習い始めて成長したこと

歌を歌うことが楽しくなりました。

今まで以上にどんどん楽しくなっていって、ただカラオケで歌うってだけじゃなくて、色んなことを気にしながら歌えるようになって楽しくなりました。

ベリメリに入ってから楽器を始めたんですよ。

初めてピアノを弾いたり、ギターを弾いてみたり、ベースを弾いてみたりとか、最近ちょっとドラムに手を出してみたんですけど。。。

そういうことをやり始めると、自分が歌ってる間にもいろんな音が聴こえてきて、「あぁベースカッコいいな」と思いながら歌ってみたりとか。。。

声が大きくなったときにピアノも大きくなってくれたりとか、そういうことを感じながら歌えるようになったことが大きいことかなと。

今後克服したいこと

ライブで人前で歌うとことちょこちょこやっているんですけど、楽しくなってきて、今は「楽しい」ってことはできるようになったので。。。

今度は「ちゃんとやる」。

ピアノも「始めたばかり」だとか言い訳しないでちゃんとできるようになってみたりとか、歌も「楽器弾きながら歌ってるから、ちょっと下手でも良いかな」という甘えもあるんですけど、そういうのもちゃんとやっていきたいなという目標です。

スクールに通うと思ってる人へ

僕自身が27歳なるまでピアノを触ったことなくて、他の楽器もほとんど触ったことなくて、そんな状態で入ったんですけど。。。

大人になってからも十分楽しめることなので、臆せず先生に頼りながら一生懸命練習して楽しんでいきましょう。


長久保篤
-
スクール主催のバンドライブで様々な楽器に触れることで興味を持ち、
ギター・ピアノ・ドラム・ベースなど好奇心のままに、まさしく「音・楽」する毎日。