皆様~春うらら 春爛漫~

 

皆様~春うらら
春爛漫~

横浜校チーフの
本田’POM’孝信です。

天候が気持ち良い日が目立ってきましたね(^.^)

ただ…
関東のゴールデンウィークは
緊急事態宣言のため
輝きを失った
not golden weekとなってしまいそうです(>_<)

でも今は日本中が(世界中が)一致団結してコロナに打ち勝つ時です。

公園など道端で
夜な夜な缶ビール片手に
マスクも付けずに
飛沫飛ばしまくっている
「(自分だけに)優しい方々」を横目に
自分を見つめる時間を探して行きましょうね✨

そんなわけで!

今回は自宅でエクササイズ~な声模様です。

皆さんは声帯を触って物真似をする超人のYOUTUBE動画を
観たことありますか?

まじ凄いですよ。

以下にひとつだけリンクしますので
先ずは是非観てみてください。
※既に知ってる方も改めてご覧ください。

「喉押さえマン」

皆様~春うらら 春爛漫~

15年前にベリーメリーでボイトレを始めた頃から
常々生徒さんに伝えてきたことがあります。

~~~~~~~~~
下半身から生み出す息を
声帯含め頭部に当てる時に鳴る音が
自分自身のナチュラルな楽器の音であり
その声帯や口腔の形状をコントロールする事で
音色を作り出している。
~~~~~~~~~

人によって様々な形状の声帯や頭蓋骨なので
3Dプリンターで真似たい方の声帯をコピーして取り替えるだけで
近い声になると思います。

簡単に言うなよ!って事ですが(笑)

もちろんイントネーション含め
ニュアンスを真似るセンスも
必要なので
極めるには相当の試行錯誤があったと思います。

また、下手に動かすと
軟骨とかに悪影響を及ぼして
痛めてしまう可能性も^-^;

それは避けたい!
めちゃくちゃ避けたい!
※動画のご本人は全く痛くないと言ってますが…ご用心

にしても凄い!

例えばレッスンでは
自然に地声からファルセットへ切り替える事で
声帯のポジションコントロールを手に入れる内容のものもやります。

同じ音程で地声とファルセットを切り替えたり

喉仏を人差し指と親指で
沿いあげるように上に持ち上げると
声帯に撓(たわ)みが生じて
息を解放できます。

そうすると自然と地声は音程もアップしつつ
ファルセットに切り替わっていきます。

百聞は一見に如かず

是非やってみてくださいとは
言いません!

喉を痛めても責任取れませんから(笑)

ボーカルスクールで
是非ベリメリで講師の指導の下で
お願いしますm(_ _)m

そして勿論!
歌うときに声帯を触って歌うのはナンセンスです。

目に見えないものをイメージして動かして
その時の実感でコントローラ能力を高めていくしかありません。

それはとても楽しいことです。
自分の身体と向き合う楽しさは
コロナ禍にあり
長くSTAY HOMEしてきた私たちには
少しだけ慣れ親しんだ作業です。

そしてその結果出せるようになった
柔らかい声や輪郭のハッキリした声
高い声、低い声
シャウト~(笑)

自分にしか出せない声質で
様々な表現に使えるアイテムを手に入れることになります。

脳みそが遊び出すと楽しいですね✨

自分と向き合う時間を
是非実りある時間に変えていってください。

もちろん僕らベリーメリーの講師は
そのヒントを沢山持っています。

お力になれますよ~(笑)

それでは!

Let’s exercise🎵

気持ちはゴールデンなウイークに
しましょうね(^.^)


1

この記事を書いた人