top_r1_c1top_r1_c3top_r1_c5top_r1_c8top_r1_c10top_r1_c13
≫ 電話によるお申込みはこちら ≪

ボイトレいつ始めるの?春でしょう!


ボイトレいつ始めるの?春でしょう!

Spring has come!

西新宿の高層ビル街を紋白蝶は飛びます。
酸性の雨によって錆びてしまい、所々がキャンディ・キャンディのそばかすのように赤茶け、今ではすっかりその形状さえ歪んでしまったガードレール、その向こうの工場跡地に小さな菜の花畑があって、彼女(彼)はそこを目指しています。
なぜならば芋虫の時から、いいえ、産まれた時からその場所に行くことが決まっていたからです。
ある人は都会で見つけた春の喜びと共に彼女を「可愛い」と言いました。
ある人は都会で生きなければいけない彼女を「可哀想」と言いました。
しかし誰に何を思われようと、彼女にはそんなことは関係なく、懸命に飛ぶだけ、生きるだけ、未来を疑わず生きようとしているだけです。
そんな彼女のように美しくあれたらと思う2018年の春です。

人間の作った不自然なものなど、自然の力の前で無に帰す。
ひび割れたアスファルトの隙間から、つくしの子が恥ずかしげに顔だします。
もうすぐ春ですね、恋をしてみせんか♪(春一番/キャンディーズ)

我が国は春で始まって春で終わります。
卒業式も入学式も入社式も、これまでとは違う生活を送ろうとしている方も沢山いると思います。
長年の謎があります。
あの頃なぜ卒業式に女子は好きな男子から制服の第二ボタンを貰いたかったのか?

「どうして君は第二ボタンが欲しかったの?」
「どうして僕のボタンじゃなかったの?笑」

誰かにとって一番の存在になりたいなら、普通は第一番ボタンが良いのではなかったのか⁉
第一という響きの素晴らしさ!オリンピックなら金メダル!
ゴレンジャーなら赤レンジャーです。
なぜ銀メダルの第二ボタンなのか?青レンジャーならありかも、とか思いながら調査したところ諸説ありましたのでここでは省略致します。興味がありましたら御自分で調べて見て下さい。笑
果たして今でも第二ボタンを貰うという、その風習は残っているのでしょうか!?
ご存知の方はこの文章を読んだ後、一番最初に会話された方にお伝え下さい。
きっと僕の元へ届くと思います。

春になると冬眠していた動物たちが目を覚まして、木漏れ日が差し込む森でダンスを踊るのです!
曲はもちろんマイムマイム(イスラエル民謡)です。
リスの隣はクマ、その隣はウサギ、みんな仲良く大合唱。
我々と同じく、森の動物たちもみんな歌うのが大好きです。
地球上の殆どの動物には歌う行為が必要なはずです!

「マイムマイムマイムマイム マイムベッサッソン♫」

ただクマの背が高くてリスもウサギも手が繋げないんだよな。

リスとウサギ(二人で声を合わせて)「クマくん手が届かないよ、君と仲良くなりたいのに。。笑」

小学校の時「俺、女となんか手を繋ぎたくねぇ」と言っていたあなた!やっと間違いに気づきましたね。
照れ隠しで強い言葉を使ってはいけないよ。
今やっとわかったね、そんなのカッコ良くなかったね。
歌も一緒、恥ずかしがらずに歌いましょう。
そこには自分の知らない世界があるはず。
自分の知らない自分に出会えるはず。
だって僕らは歌えるという能力を持って生まれたのだから!
アンパンが教えてくれたことが全てです。
「愛」と「勇気」が友達さ!

お待たせいたしました。
漸く本題です。笑
春は新しく何かを始めるのに打って付けの季節です。
何かを始める年齢に早いも遅いもない、大切なのは世の中が、他人の目がどうとかじゃなく自分が何をしたいかです。
あれ!?もうわかっちゃいました?笑
ボーカルスクールのブログですから僕が始めたら良いと思うのはボイストレーニング、略して「ボイトレ」です!
だって、本当なんだもーん。(だってしょうがないじゃない♪)笑
桜が満開になれば?花見。
花見と言えば?宴会。
宴会の二次会と言えば?カラオケ。
カラオケで目立つには?歌のスキル。
歌のスキルを上げるなら?ボイストレーニング。
したがって、「桜の季節」=「ボイトレ」です。笑

腹式呼吸を覚えましょう!
楽に大きな声で歌えるようになります!
楽に高い声が出るようになります!
そして内臓脂肪が減るはずです。笑
共鳴を覚えましょう!
声が通るようになります!
遠くの人を呼べます!
賑やかな店内で店員さんを呼ぶ時有利です。笑
そして、一番大切な気持ちを言葉を届けたい人に届けられます!

枯れない声で、今の自分の綺麗な声で歌えるようになりましょう。
今年の桜も時が来れば散ってしまいます。
「ボイトレ」で鍛えた声はそう簡単に消えません!
YES、春の主役はあなたです!
否、春を制するものは春夏秋冬を制す、という諺を忘れておりました。(演出上の捏造)
2018年の主役はあなたです!笑

ご挨拶が遅くなりました。
高田馬場校チーフのつんたです。
今回は「春」と「ボイトレ」をテーマに文章を書いています。

皆さんは「欲望の春」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?
残念ながら僕は一回も聞いたことがありませんしこれからも無いと思います。(演出上の捏造)
人間には三大欲求があると言います。
誰もが周知していることだと思います。
「食欲」「睡眠欲」「性欲」「物欲」「自己顕示欲」「半身浴」「日光浴」「YOKU MOKU」「New York」「ヨークシャテリア」そして「歌が上手くなりたい欲」まさしく「ボイトレ欲」です!
【※正式な三大欲求は最初の三つだけ、残りは演出の都合上、脚色されています】
自分のこれまでのリサーチによると、歌が上手い人はモテます、若しくは周りの人から一目置かれる傾向があります。

「メリ子ちゃん、営業の彼、歌上手いよ!」
「ほんと!?メリ子、聞いてみたいかもー」

-そして3日後-

「ベリ男さん!カラオケ一緒に行きませんか?」
「えっ、羊?じゃなくてメリ子さん、僕でいいのですか?」
「ベリ男さんの演歌が聞きたいのです!」
「是非ご一緒しましょう、ただメリ子さん!僕が得意なのは演歌ではなくてChoo Choo TRAINです(どちらもコブシを回します)」
的な!笑

大きな声で歌を歌えば、塞ぎ込んだ気持ちも晴れやかになり、今までクヨクヨしていたことがどうでも良くなるってことも多分にあります。
自律神経がダンスを踊ったり、気分が滅入ったり、取り分け何もないのに心がエレベターに乗ってしまう忙しい春です。
花粉症で苦しむ方もかなり多いですね。
余談ですが、桜の花粉で花粉症って聞いたことないですね!
桜の花粉で花粉症になる時代が来たら、桜は人気がなくなるのでしょうか?
NO.NO.NO!ご都合主義じゃダメです!
国家も社会も仕事も音楽も、男女交際も!
桜は我が国を代表する花です。
いつか桜の花が花粉症の原因になったとしても、我々は桜を好きでい続けましょう。
花見をする時は密閉型ゴーグルとガスマスク的なごついマスクをすれば良いのです。
飲めません!食べられません!笑

嘘みたいな話ですが、嘗て僕は一年間だけ花粉症になりました。
市販の薬を飲んでいただけですが、翌年症状があらわれず、今現在まで大丈夫です。
どうか諦めないで!治るよ、花粉症!

抱えているストレスをお腹を使ってドカーンと声にして吐き出してみましょう!
鬱屈した思いを、伝えたい思いをメロディに乗せてみましょう!
最初は上手く歌えなくても、ボイトレすれば今よりは必ず上手くなります。
どんどん気分が晴れます!

歌うって素晴らしいですよ!
歌えるって素晴らしいですよ!


1
  • この記事を読んだ後に見ている記事は?

    ボーカルスクール&ボイストレーニング
    VERY MERRY MUSIC SCHOOL

    ■レッスンのご予約・変更は・・・
    ℡:03-5358-5025(代々木校)
    ℡:03-5338-7788(高田馬場校)
    ℡:042-620-5649(八王子校)
    ℡:045-317-4587(横浜校)
    ℡:052-238-4758(名古屋校)
    ℡:075-353-5108(京都校)

    ≫ 無料体験レッスン受付中

    VMMSコンピレーション・アルバム『E-Vo VOICE 3』音楽配信情報♪

    右クリックはご遠慮ください。